高校の就学費用の助成金は年収910万円以下の家庭でのみ受けることができると国会で決まりました。年収で区切ってしまうことに賛否はありますが、親の年収によって受けたいと望む教育を受けることができないというような格差をなくす試みは増えているそうです。もちろん、通信制高校でも受けることが可能です。


通信制高校では1単位の値段

通信制高校は3年間を通して最低で74単位を修得することで、卒業資格を得ることができます。そのため、1単位分の値段を4812円、これを74単位分もらうことができます。しかし、単位の値段は修得したものではなく、履修を申し込むと同時にかかりますから、74単位ギリギリの履修を行うと落としてしまったときに卒業できない可能性があることになります。その点もしっかりと考えて、単位の申し込みを行うようにしましょう。


奨学金などを独自に持つところも

通信制高校では専門技術や資格を取得することができるところもあります。このような通信制高校では、企業と提携した奨学金を利用できる会社もあります。卒業後に、その会社に一定期間、就職することを条件に返済の必要がない奨学金を扱っている会社もあるそうです。また助成金を市区町村へ申請することで、就学支援金と別に支援を受けることができる可能性もあるそうです。

通信制高校関連サイト:通信制高校の学費を比較する『スクールライフ』