通信制高校とサポート校の関係

Posted 5月 30th, 2014 by coadmin

通信制高校の問題点のひとつに、卒業率の低さがあります。
公立と私立と比べれば、若干私立が上回りますが、それでも双方あまり違いはなく、5割弱となっています。
約半数は挫折しているという事実から、通信制高校の「通信制だから」というメリットが、デメリットとして働いていると考えることができます。
そこでサポート校の存在が通信制の問題点を補うものとして、期待されています。


<サポート校とは>

サポート校は学校教育法といった法令が適用されず、無許可校となります。
無許可校と言えば聞こえは悪いのですが、「学習塾」と考えれば理解がスムーズになります。


<通信制高校とサポート校>

通信制高校の問題点には、「自主学習のみ」という点が挙げられます。
これは決してデメリットではないのですが、多くの学習者が挫折している原因になっているのは事実です。
サポート校は普通教科の学習に対する支援を行い、通信制の教科の補修なども行っています。
従来の学校制度では教育を受けることができないという生徒のために、広く門戸が開かれています。
小学校や中学校の学習内容もカリキュラムに導入している学校もあり、中学から不登校の問題を抱えた、学習不信の問題を持っているといった生徒に対して継続が厳しい傾向にある通信制の問題をフォローする立場としても機能しています。
サポート校との併用によって卒業を目指せる可能性は画期的に高まることを受け、通信制高校でもサポート校のようなサービスを提供している学校も増えました。
それによって「卒業率100%」という学校も出ています。