通信制高校なら単位制で安心

Posted 12月 2nd, 2013 by coadmin

通信制高校と全日制の間にある大きな違いの一つは通信制高校の殆どが実施している「単位制」にあるといっても過言ではありません。


通信制高校と単位制は相性抜群

単位制は主に日本だと大学などで広く取り入れられており、必要な単位数を所得する事で一定の資格、この場合は高校卒業の資格を得る事ができる仕組みとなっています。単位制は通信制高校なら3年以上の在学が卒業の必要条件になっていますが、この3年以内にどのような授業をどのような順番でとっても構わないという事になります。例えば1年2年のうちに必要な単位を全て取ってしまい3年は受験や専門分野に専念するという事も可能ですし、必修単位を除けば自分の好きな授業だけ取って単位数を満たす事も可能です。この単位制は登校頻度が少なく何かと融通が効きやすい通信制ととても相性がいいと言われています。


学年制との比較

全日制が行なっている学年制は一年毎に取るべき科目が決まっている他、そのうちの一つでも落としてしまうと、翌年その学年で学ぶ科目全てを履修し直さなくてはなりません。しかし単位制なら落とした単位だけを再履修すればいい為手間も学費も少なく済みます。また周りが進級して自分だけ取り残されるといった心配がないのも単位制の魅力ですね。